パスワードが分からなくなって、使えなかったUlyssesがある方法で復活した!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



再びUlyssesが使えるようになった!

やっぱり諦めきれない

パスワードを忘れてしまって、Macで使えなくなっていたUlyssesが再び使えるようになりました。

いろいろとパスワードの再設定を試してはみました。UlyssesをMacから削除してみましたが、再インストールし立ち上げたら、パスワード画面が表示されます。

iPadやiPhone側はTouchIDで開けるので、そちらでパスワードの無効化や変更を試そうとしてましたが、前のパスワードが無いと変更ができません。にっちもさっちもいかない状態で、これはもう別のを使うしかないと諦めました。

スポンサードリンク



解決方法を閃いた

いったんは使うことを諦めたUlyssesですが、マークダウン記述の使い勝手がとても快適で、やっぱり、また使いたくなってしまいました。

なんとか使えないのかなあと、ぼんやりMacを使っていると、あることが閃きました。

Macのフォルダの検索窓に「Ulysses」と入力し、表示された設定情報を片っ端から削除してしまう。危険な方法ですが、どうせUlyssesに関係するものだけだから、Macには大して影響なんだろうと、後先考えられない、いつものいい加減さでやってしまいました。

検索すると、出てきた出てきたUlyssesに関係するデータが。

かなりの数のデータの内容を見ると、Ulyssesうんたらかんたらと書かれています。やっぱり、これはUlysses関連で間違いない。これなら、削除しても問題ないだろう。

勝手に安心して、すべて削除してしまいました。

Ulyssesは快適

見事にすっきりUlyssesが消えたので、Appstoreで再度インストール。問題なくすんなりとインストールが終わり、さっそく、立ち上げ。

速攻で立ち上がると、いまいましいパスワード画面が現れません。やりました!これで今まで通りUlyssesを使えます。blogにアップロードすることもできます。

もちろん、過去の文章や設定データはすっかり消えて、blog設定など思い出しつつ設定し直する必要がありました。でも、幸か不幸かたいした数を買い手はいなかったので、思いのほか痛手は少なく、初心忘るべからずと気分新たに書いてまいります。

やっぱり、Ulyssesは快適ですね。

文章行間の丁度良さや、快活に入力できる快適さ、それに、文筆速度を妨げないマークダウン記述の心地よさ。いいもんです。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください