ニール・ブロムカンプ監督が無料でSFホラー短編「Zygote」を公開している。映像作品の新たな方向。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

↑この記事のネタ元です。


「第9地区」などの作品で知られるニール・ブロムカンプ監督が実験的短編映像をYouTubeとSteamで無料公開して続編が見たければ購入してもらう「Oats Studios Volume 1」というプロジェクトを2017年6月から行っています。その最新作として、クリーチャーに襲われた閉鎖空間を舞台にした「Zygote」が公開されました。主演はダコタ・ファニング。ややグロテスクな表現も出てくるので、閲覧時は注意してください。なお、日本語字幕も用意されています。

「第9地区」からあまりぱっとしないニール・ブロムカンプ監督ですが、若いだけあって、いろいろと上映の場を模索しています。

現在彼は、「Oats Studios Volume 1」プロジェクトを行っています。短編映像を無料で公開し、続きが見たければ購入してもらう、実験的な映像配信サービスです。

今回、最新作の「Zygote」が公開されました。

スポンサードリンク



密室劇のSFホラーで、基地内で怪物に襲われる映画です。登場人物は2名しかでてきません。YouTubeで公開されていますので、興味がある人は是非ともごらんなってください。

今年のカンヌ映画祭で、Netflixが制作した作品が映画館で上映されないのに賞を与えるのはいかがなものかとの、意見が出ました。ただ、映画館での上映条件はますます厳しくなっており、観客がどれほど見たくても、制作者が上映したくても、かなわなくなっています。

それならば、成長著しい動画配信サービスに乗っかかるのも一考です。今回の実験的動画配信サービスがどうなるかはわかりませんが、メジャー資本を必要とせず、独自に作品を提供したいと考えている制作者には、新たな希望になればいいと思います。

さほど長い作品ではないので、YouTubeで観てみました。のびのびと撮影しており、結構面白かった。役者が2名しかでていませんが、その分役者の演技やストーリーが絞り込まれて、見応えのあるものになっています。小品ですが、SFの王道をいくようなSFホラーです。

ただ、これは物語の第一話で、これ以降を見たい人は有料とのことです。個人的にはこの一話だけでもとても満足できました。これはこれでいいのでは無いかなと思ったぐらいです。

この監督、初めてメジャー上映された作品の「第九地区」が、あまりにもヒットしたため、それ以降大きな資本が動くようになり、常にヒットを期待されるようになりました。

それが重荷になってしまったのでしょうか。なかなか、それ以降精彩を欠いています。なんだか、似た感じのものばかりで、要求をこなしている不自由さを感じていました。

この映像プロジェクトが、彼の本来の才能を伸ばし、新たな展開へ導いてくれることを期待しています。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Zygote 2017 07 14 22 55

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*